観光短期ベレン of ENCONTRO




HOME > 観光(短期滞在) > 観光短期ベレン

 パラー州の州都でアマゾン河口最大の街ベレンは人口約140万人でマナウスと並びブラジル北部を代表する都市です。
 17世紀の始めにポルトガルの要塞として築かれたこの街はアマゾン探検の出発地として、後にはアマゾン河貿易の中心地として栄え、有名なサンタンレン経由マナウスへ至るアマゾン河クルーズの出発港としても知られています。
 赤道にも近いこの街の大通りには巨大なマンゴーの並木が強い日差しを和らげ、市場には見たこともないトロピカルフルーツが数多く並び、熱帯の街の雰囲気が漂います。
 また、ベレンとその周辺はかつて日本人移民の入植地も多く、現在でも多くの日系人が住み、市内には日本人会館もあるなど日本と関係の深い街としても知られています。

Photo by carlossoliveirareis


アクセス

ベレンへの所要時間

サンパウロ
空路:約3時間30分
リオデジャネイロ
空路:約3時間35分

都市にある空港名

ベレン国際空港
(通称 *正式名称=Aeroporto Internacional Val de Cans -BEL)

空港・バスターミナルから市内への移動手段と所要時間

空港/市内は約11Km
 バスまたはタクシーで15分~30分

主な観光地

見所 belem.PaulaFJ.jpgBy PaulaFJ
○市内のおもな見どころ


アマゾン河口のグアジャラ湾を望む1616年にポルトガルによって建てられ、ベレンの街の始まりとなったカステロ要塞(Forte do castelo)や、その近くに建つ宗教博物館(Museu de Arte Sacra)ではベレンの歴史やアマゾン地域へのキリスト教布教の歴史を学ぶことができます。同じくグアジャラ湾岸には珍しいトロピカルフルーツや香辛料などがところ狭しと並べられ、地元の人や観光客で賑わうベロペーゾ市場(Mercado Ver-o-Peso)や隣接の波止場に近年オープンした多目的アミューズメントパーク、エスタサン・ダス・ドッカス(Estação das Docas)はおしゃれなバーやレストランが建ち並び、週末の夜には地元の若者たちが集まる新名所となっています。


marajo belem.Ecofotos Adilson Moralez.jpgBy Ecofotos Adilson Moralez
○マラジョー島

大河アマゾンはその河口も最大幅360Kmあり、河口にあるマラジョー島も島というもののその面積は日本の九州と同じで、島内には広大なジャングル、湿原、草原、牧場が広がる多様な生態系がみられるため、この島の牧場ホテルに滞在してのツアーはベレン観光でも有力なオプションとなっています。マラジョー島へはベレンから定期船で2時間30分から3時間30分。


tomeacu belem.Celso Abreu.jpgBy Celso Abreu
○トメアス移住地

ベレンから内陸へ200Kmほどの日本人移住地。パラー州の特産品コショウやジュート麻の商品化は日本人移民によって成され、その中心となったのがこのトメアス移住地です。戦前に日本人によって造られたこの移住地は、現在はブラジル人住民のほうが多くなったものの、日系農場でのファームステイではアマゾン地域へ入植した日本人の苦闘やこの地域の田舎の暮らしなどを見ることができます。


ブラジル観光(定番)

ブラジルの世界遺産

ブラジルW杯関連情報

サンパウロ情報

特集