観光短期オウロプレット of ENCONTRO




HOME > 観光(短期滞在) > 観光短期オウロプレット

 17世紀末に近隣の山で黄金がみつかったことから始まるオウロプレットの街はその後ミナスジェライス州の州都となり、18紀から19世紀のゴールドラッシュの中心として繁栄の絶頂を極めます。
 始めは小さな村だったこの山奥の斜面に金により一山当てた人たちは大金を投じて豪華絢爛を極めた教会をいくつも建て、いつしか街はミナスの州都そしてブラジルでもっとも豊かな街と言われるまでになります。
 その後、金の産出が少なくなると同時に街の権勢は衰え、19世紀の終わりに州都がベロ・オリゾンチに移されることになりますが、当時建てられた数々の建物や街並は1980年ブラジル初の文化遺産としてユネスコ世界遺産に登録されます。
 オウロ・プレットは現在では山間の静かな古都として観光客を魅了しつづけていますが、ゴールドラッシュを通じてブラジルの歴史上のドラマの舞台としてもたびたび登場し、それらに関係の深い建物も数多く残されているため、ブラジルの歴史を勉強してこの街を訪れると美しいオウロプレットの旅がさらに何十倍も魅力的になること請け合いです。

オウロプレットアクセス

オウロプレットへの所要時間

サンパウロ
空路:ベロオリゾンテまで約1時間+バス2時間30分バス:約11時間
リオデジャネイロ
空路:ベロオリゾンテまで約50分+バス2時間30分バス:約8時間

オウロプレット案内

Pássaro Verde: ベロオリゾンテとオウロプレット間を運行するバス会社

* オウロプレットに空港がないため、ベロオリゾンテ市内にある長距離バスターミナル乗り場からバスに乗る必要がある。

主な観光地

ouro preto midokoro.jpgPhoto by Cheryl Q
○オウロ・プレットのおもな見どころ

歴史地区の中心にあるチラデンチス広場をはさんでかつての州政庁舎後に刑務所としても使われたインコンフィデンシア博物館と旧州統領公邸として建てられた鉱物博物館、サンフランシスコ・デ・アシス教会、カルモ教会、ピラール教会などが有名ですが、オウロ・プレットには数え切れないほどの教会や博物館があり、それぞれに魅力的な歴史とドラマをもっているため、堪能するためには詳しいガイドの解説で3~4日は欲しいところです。また、周辺の山々から産出されるさまざまな種類の宝石とカシャッサ(サトウキビの酒)も有名です。

HP
We Love Ouro Preto(日本語でかかれたオウロプレット紹介サイト)

ouro mina.jpgPhoto by Claudio Tebaldi
○ミナス・ダ・パサージェン

オウロ・プレットとマリアーナの途中にある、つい最近まで採掘がおこなわれていた金鉱跡。迷路のような鉱山内へは実際に採掘で使われていたトロッコで降りてゆき、専属のガイドが鉱山内を歩きながら解説をしてくれます。

住所:
Av.Tancredo Neves, 6702
アクセス:
オウロ・プレット/マリアーナ間の路線バスでミナス・ダ・パサージェン前下車。
HP:

DSC04142.JPG
○マリアーナ

オウロ・プレットから東へ13Kmのミナス・ジェライス州最初の州都。オウロ・プレット同様現在は静かな田舎町ですが、ゴールドラッシュの繁栄をしのばせる街並みや教会、建物がおおく残されています。オウロ・プレットからは観光列車がでており、途中の景色も見事です。

アクセス:
オウロ・プレットから観光列車で約1時間。または路線バスで30分

ブラジル観光(定番)

ブラジルの世界遺産

ブラジルW杯関連情報

サンパウロ情報

特集