世界遺産 中央アマゾン保全地域群 of ENCONTRO




anavilhanas Ribamar o caboclo.tifPhoto by Ribamar o caboclo/Amazonastur

中央アマゾン保全地域群

場所: アマゾナス州
登録年:2000年(2003年拡張)
登録区分:自然遺産
遺産名:Central Amazon Conservation Complex





 世界最大の熱帯雨林アマゾンは、「地球の肺」と呼ばれる二酸化炭素の吸収量と酸素の放出量、その種の多様性と独特の生態系、また絶滅危惧種が多数存在するなどの理由から2000年にユネスコ世界自然遺産へと登録されました。
 当初登録されたのはアマゾン熱帯雨林内のジャウー国立公園で、その後2003年にはアミラウア保護区とアマナ保護区が追加拡張され「中央アマゾン保全地域群」となり、総面積約53000k㎡(東京都24個分)に及ぶ広大な地域が現在世界遺産として保護されていますが、アマゾン熱帯雨林全体からすると僅か100分の1に過ぎず、この外側では今でも熱帯雨林の伐採や環境破壊が進行しており、人類が抱える大きな問題の一つとなっています。

 行き方:マナウスから船またはセスナ機(保護地域へ入るにはブラジル政府の許可が必要)

Ribamar o Caboclo.JPGPhoto by Ribamar o caboclo/Amazonastur

Boto submerso - Ribamar o caboclo.jpgPhoto by Ribamar o caboclo/Amazonastur

presidente figueredo.jpgPhoto by Presidente Figuero/Amazonastur