世界遺産 コスタ・ド・デスコブリメントの大西洋岸森林保護区群 of ENCONTRO




Costa do descobrimento II.jpg

コスタ・ド・デスコブリメントの大西洋岸森林保護区群

場所: バイーア州南部からエスピリット・サント州北部
登録年:1999年
登録区分:自然遺産
遺産名:Discovery Coast Atlantic Forest Reserves





 バイーア州南部からエスピリット・サント州北部にかけての大西洋岸に広がる森林地帯は大小8つの国立公園と自然保護区を含み、そこには単位面積あたりで世界でも屈指の樹木の種類や絶滅に瀕した動物が多数生息し、また貴重な生態系が存在することから、1999年にユネスコ世界遺産へと登録されました。
 この地域で見られるのは樹木ではパウ・ブラジル、アッサイヤシ、ブラジルゾウゲヤシなど、動物ではタテガミナマケモノ、ホソオヤマアラシ、ジャガーなどがあり、特にパウ・ブラジルはの木はブラジル原産でかつては染料として用いられ、ブラジルの国名の元になった木としてしられますが、乱伐により現在は絶滅危惧種に指定されています。

 行き方:エスピリット・サント州都ビトリアまたはバイーア南部主要都市からバスまたは車。


大きな地図で見る

* バイーア州南部からエスピリット・サント州北部にかけての大西洋岸を指す

Mata_do_descobrimento.jpgPhoto by João Paulo Cavalcante de Almeida