世界遺産 パンタナール自然保護地域 of ENCONTRO




panta4.pngPhoto by Editora Peixes / Embratur



パンタナール自然保護地域

場所: マット・グロッソ州およびマット・グロッソ・ド・スル・州
登録年:2001年
登録区分:自然遺産
遺産名:Pantanal Conservation Area





 南米大陸のほぼ中央に位置し、ブラジルのマット・グロッソ州およびマット・グロッソ・ド・スル・州、一部隣国ボリビアとパラグアイにも及ぶ世界最大の湿地パンタナールは日本の本州とほぼ同じ大きさの面積約20万k㎡を誇り、また世界で最も動植物の豊富な地域でもあり、世界でもここにしかない植物や数千種におよぶ鳥類、魚類、哺乳類、爬虫類などが生息し、なかには絶滅危惧種も多数含まれています。
 広大な面積の平原は高低差がほとんどないため雨季にはその80%が水没するなど、その独特で貴重な生態系から2001年に湿原内の最も重要な区域約1900k㎡がユネスコ世界自然遺産に登録されました。
 行き方:クイアバ、カンポグランジ、コルンバからバスまたは車、セスナなど。


panta2.pngPhoto by Div ulgação / Embratur

panta3.pngPhoto by Editora Peixes / Embratur

panta1.pngPhoto by Div ulgação / Embratur